溶接トーチ、チップ、ロボットトーチ、環境機器製造販売のトーキン

営業部の仕事について

トーキン社での営業部の役割

トーキン全体で見る営業部の役割としては、日本国内で溶接を行う業界へ自社ブランドであるTOKINARC製品をPRし、購入いただく役割を担います。
セールスの仕事は会社の収益を大きく左右する仕事でもあるので期待も責任も大きい部署です。
消耗品と呼ばれる弊社の代表的な商品「コンタクトチップ」は、日本での市場占有率が約55%、創業以来50年、様々な業界へ販売を続けています。
顧客接点を持つ営業部をきっかけに、技術部・製造部への仕事を連携していきます。

仕事の内容

溶接をしているお客様に商品をご紹介して購入いただきます。国内では基本的に代理店様を介した取引になるので、代理店様にお邪魔して商品のPRをすることが多くなります。
また、大手メーカーを担当する代理店様と自動車メーカー様等へ同行訪問をして、商品紹介・改善点や要望の聞き取りをするメーカー担当もいます。
開発商品は技術部へ設計を依頼し、コスト計算後に見積・受注という流れ。設計の専門的な知識が必要な場合は技術者を伴っての営業訪問を行います。
国内では浜松本社勤務なので日本全国に広がる代理店様へ出張(年に数回)があります。

やりがい・スキルアップ

例えば、車の足回りや豪華客船など弊社の溶接ツールが多く使われているので「あの車は、あの船はうちのツール(製品)を使って作られているんだ」と実感できる仕事です。
主要な代理店は200社、営業所700か所、特約店2000社以上の取引があるので、新規営業とは違い、商社様に対して数多くの商談・取引の経験が出来ます。
大手の自動車メーカー、造船メーカー、ビル建設の鉄鋼メーカー、橋梁メーカーなど、大規模でダイナミックな製造現場を目の当たりにするので専門知識にも自信が付きます。
そういった一流メーカーの新しい溶接技術を目の当たりにし、要望をいただいて一緒に開発に携われる事は、知識も高められる貴重な経験となります。
営業の仕事でも普段は代理店様との電話やメールが中心
営業の仕事でも普段は代理店様との電話や
メールが中心
外出前に訪問先の注文商品やサンプルを積み込み
外出前に訪問先の注文商品やサンプルを
積み込み
毎日注文が入る製品を受注・出荷処理を行うオフィス
毎日注文が入る製品を受注・出荷処理を
行うオフィス

1DAY SCHEDULE

08:00 出社
08:15 体操・朝礼
08:30 見積もり作成(標準品)
09:00 お客様の要求に対する社内納期を確認
10:00 お客様からの設備予定を確認し、
実際の納品スケジュールを立てる
11:00 既存品に関する改良事項を打ち合わせ
12:15 昼食
13:00 技術部との社内実験に立会い、写真撮影、資料をまとめる
14:00 新規製品に関する打ち合わせ
15:00 お客様からの製品問い合わせ対応
16:00 社内にある実物を撮影し、見積もりを作成する
17:00 お客様ごとの予備品リスト作成
18:30 退社

営業部が求める人材

大橋部長
大橋部長

求める人材

誰でも業界未経験、明るく誠実な人。
長い取引で生まれた信頼関係を強固にしていくメーカー営業。
トーキンの営業は、自社が作ったモノを売る「メーカー営業」。代理店様を介する商いなので飛び込みや
新規電話営業は不要です。
溶接に特化した専用メーカーの会社代表として多少のクレームにへこたれない粘り強さを持つ方、
明るく元気のある方をお待ちしています。

若い応募者の方へメッセージ

EV自動車になっても、自動運転になっても足回りの溶接の必要性は不変です。コツコツと経験を積み長く勤められる業界であり、
年間休日125日など福利厚生も充実した会社です。
溶接業界以外の業界出身者がほとんどなので、製造業界の出身でない人でも十分活躍できますので安心してご応募下さい。