溶接トーチ、チップ、ロボットトーチ、環境機器製造販売のトーキン

製造部の仕事について

トーキン社での製造部の役割

製造部はトーキン社の製品を世の中に送り出す最後の工程を担う部署。TOKINARC製品として高品質な製品を製造するのはもちろんの事、納期を厳守し、在庫・品質の管理も行います。消耗品と呼ぶ「コンタクトチップ」などの製品は常に一定数のストックを保ち、技術部が設計した開発製品の組付けには、正確さと高度な技術が伴う仕事でいずれも他事業部との連携が大事になってくる仕事です。

仕事の内容

大まかに機械加工(NC工作機、マシニングセンタを活用する金属加工)と組付け(設計図面を基に開発製品や試作品を作る)の仕事に分かれます。機械加工の部門では、弊社の代表的な商品「コンタクトチップ」などを中心に製造。組付けの部門ではロボット用の製品やそれ以外のものを組み立てる仕事、またロウ付けなど特殊な技術が必要なスタッフもいます。
安定した商品の提供と高度な技術の開発製品の提供を行います。

やりがい・スキルアップ

上司の指導を受けながら担当者が資材の管理・在庫管理まで行っているため、大規模な大手企業では経験できない現場以外のスキルが得られます。特に組付けの仕事では、技術以外にも、製品検査に関わる知識、各部署との連携、納期に関する責任感など自己成長にも繋がります。自社の製品(自分の製造した製品)が実際の作業現場で使用され、新しい製品が作られる場面を見学する機会には、自分の仕事にやりがいを感じられます。
写真のような高性能NC工作機が複数台並ぶ工場
写真のような高性能NC工作機が複数台並ぶ
工場
組付けをした製品のクオリティチェック(検査)
組付けをした製品のクオリティチェック
(検査)
注文製品はTOKINARCロゴの箱に梱包され出荷センターへ
注文製品はTOKINARCロゴの箱に梱包され
出荷センターへ

1DAY SCHEDULE

08:00 出社
08:15 体操・朝礼
08:20 製品打ち合わせ(新規品・改良品)
10:00 ロボット用機器 製造
12:15 昼食
13:00 集塵機 組立
15:00 製造品 検査
16:00 製造場 改善案ミーティング
17:05 5S活動
17:15 退社

製造部が求める人材

波多野部長
波多野部長

求める人材

正確性を追求し、自分ごととして責任感のある人。
常に先回りして考え、工夫・改善を実行できる人。
第一に常識的な話し方、伝える能力など基本的な事がしっかり行える人を仲間にしたいと考えています。消耗品の製造では1日に数万本の生産能力を持っておりますが、まだ改善できる項目が多くあります。生産計画や在庫管理、マニュアルの作成を提案するなど先回りして論理的な思考を持つ人材を求めています。 TOKINARC製品を世に送り出す最期の工程になる部署として責任感のある人と一緒に働きたいと思っています。生産管理の知識、NCの経験がある方は優遇します。

若い応募者の方へメッセージ

製造現場には過去データや経験だけではなく、新しい考え方で改善を行えるコトがまだまだ多くあります。加工技術の習得に加え、生産管理に取り組むことで統計的な考え方も付きます。展示会での見聞、自分が作ったものがどう使用されているのかを見学するなど、積極的に経験を積み、中小企業だからこそ会社に遠慮なく提案できる環境なので挑戦する気持ちで応募してみて下さい。